サックス教室

 

サックス教室のレッスン内容は?

 

サックスを習いたいという方は、音楽教室が開催しているレッスン教室がオススメです。サックスを持っていないという方でも気軽にサックスを習うことができます。今回は、サックス教室のレッスン内容についてご紹介します。

 

まずは練習プラン作成から

 

サックス教室は、全くの初心者の方でも一からサックスを習うことができます。まず最初に、教室を利用する方のケジュールや経験の有無などを把握し、独自の練習プランを組みます。

 

サックスに慣れる

 

練習スケジュールを組んだら、まずはサックスに慣れることから始めます。音を出す前にサックスの基本的な知識を始動されます。指導内容は、サックスの組み立て方や片付け方、サックスの持ち方や構え方、楽譜の読み方など、初心者の方でもサックスを演奏できるようになる基礎知識を学ぶことができます。

 

経験値に合わせたレッスンを行う

 

楽器の扱いや楽譜の読み方に慣れたら、早速サックスを演奏します。初心者の方はまず音出しから始めます。マウスピースだけを使い、サックスを吹く時の口の形を覚えたら、サックスを使い音を出したり、ブレスの方法などを習います。音出しに慣れたら、楽譜を読みながら演奏をします。最初はサックスの名曲や演奏しやすい楽曲から始め、慣れてきたら徐々にレパートリーを増やしていきます。

 

演奏会やライブに参加する

 

教室によっては、定期的に演奏家やライブを行うこともあります。サックスの演奏ができるようになり、ある程度の経験値を積んだら、教室が開催している演奏会やライブに参加してみましょう。

 

サックス教室の月額費用はいくら?

 

サックス教室に通いたいけれど、教室を利用する上で気になるのが料金です。今回は、サックス教室にかかる月額料金についてご紹介します。

 

初回は入会金も必要

 

ほぼ全ての教室では、月額料金とは別に、教室への入会金として別途料金がかかります。教室や受けるコースにより異なりますが、目安として5,000円から10,000円ほどかかる、と見ておきましょう。

 

月額料金はいくらくらいかかる?

 

サックス教室にかかる費用は、教室やコースにより異なります。月額料金で設定している教室もあれば、1回の教室で料金設定しているところもあります。また、個人レッスンか集団レッスンなど、内容によっても料金は異なります。

 

おおよその目安として、月額料金の場合はおよそ15,000円、1回の教室で料金設定をしている場合はおよそ3.000円から5,000円となります。継続して教室を利用する場合、月額料金の場合は安くなることもあるので、自分の無理のない範囲で通える教室を選びましょう。

 

月額料金とは別途でかかる費用もある

 

月額料金とは別に、レッスンを受ける時に別途費用が発生する場合があります。新しい楽曲を演奏する場合、教室からテキスト代金を請求されることもあります。教室によっては無料の所もありますが、楽曲が増えるごとにテキスト代も増えていく場合もあります。

 

また、スタジオを借りて練習を行う場合、スタジオの利用料金もかかります。スタジオや利用する時間帯、曜日によって利用料金が異なることもあります。サックスを持っていない方は、レンタル料が発生します。レンタル料は月額料金に含まれている場合もありますが、別途請求の場合もあるので教室を利用する前にはしっかりとチェックしましょう。

 

サックス教室のレッスンのスケジュールは融通が効く?

 

仕事や学校などで、既に予約を入れていたサックス教室に行けなくなってしまったという場合、レッスンスケジュールの変更などは可能なのでしょうか。

 

スケジュールが組みやすいコースを選ぶ

 

サックスを習いたいという方は、社会人の方も多く居ます。予定外の仕事や残業が入ってしまう場合、予定通りに毎回教室に通うことは難しいです。

 

そこでオススメなのが、スケジュールが組みやすいフリー制のコースです。スケジュールが流動的な方でも、サックス教室の空き具合などを見ながら自由にレッスンのスケジュールを組むことができます。

 

教室によってはインターネットを使い簡単に練習予約をすることができるので、スケジュールが組みにくいという方は、フリー制のコースを選ぶようにしましょう。

 

当日キャンセルも可能

 

多くのサックス教室は、当日キャンセルも可能です。その場合は教室に必ず連絡を入れるようにしましょう。ただし、教室によっては当日キャンセルをした場合、キャンセル料の発生やその後のスケジュールが組みにくくなるなどのペナルティもあるので、予定が分かったらなるべく早めに連絡を入れるようにしましょう。

 

当日キャンセルがどうしても多くなってしまう場合は、受講できなかったレッスン分は在籍中はいつでも繰り越しが可能な教室を選ぶようにしましょう。

 

自分のライフスタイルに合わせ、教室や講師とスケジュールを都度相談するのも良いでしょう。無理のない範囲で楽しくサックスを学べるようにしましょう。

 

楽器はどうすればいい?自分で用意するもの?

 

サックスを持っていないけれどサックス教室でレッスンを受けたい、という方でも、サックス教室で練習をすることは可能です。教室によりシステムは異なりますが、ほとんどの教室でサックスはレンタルすることが可能です。

 

外部のレンタルサービスを利用する

 

サックスを持っておらず、教室でもレンタルサービスがないという場合は、外部の楽器レンタルサービスを利用しましょう。レンタルサービスは申し込むだけで簡単に楽器を借りることができます。

 

外部のレンタルサービスは教室利用料金とは別途で金額が発生しますが、レンタル期間を自分で決めることができるため、持ち帰ることができるので教室だけでなく自宅などでも練習することができます。長くサックスを学びたい、という方にはオススメの方法です。

 

教室でレンタルをする

 

教室によってはサックスのレンタルを請け負っているところもあります。この場合、楽器のレンタル料金が別途発生することもあるので、レンタルの前にしっかりと確認をするようにしましょう。

 

また、講師から直接楽器を借りることもできます。教室や講師によっては無料で貸し出してくれる場合もあるので、教室に入る前に相談してみると良いでしょう。

 

教室で購入補助をしてもらう

 

サックスを長く学びたいという方は、自分のサックスを購入するのがオススメです。長くサックスを学ぶ場合、レンタル料金もかさんでしまうので、楽器を買った方がお得ということになります。

 

教室によっては購入の補助をしてくれるところもあります。どこで買えばいいか、予算はどのくらいか、どの種類のサックスが良いか等、相談に乗ってくれることもあるので、長くサックスを演奏したい方は一度教室や講師に相談してみましょう。

 

全くの未経験・初心者でも問題ない?

 

サックス教室に通いたいけれど、全くの未経験で敷居が高く感じてしまい、中々一歩が踏み出せない、という方も多いと思います。けれど、近年ではサックス教室の敷居も低くなっており、手ごろな値段で初心者でも楽しくサックスを学べる教室は増えています。

 

初心者向けのコースや教室を選ぶ

 

のサックス初心者の方は、教室の中でも初心者向けのコースや、初心者向けのコース内容を用意している教室を選びましょう。全くサックスに触ったことのない方でも、一からサックスを学ぶことができます。

 

楽器の構え方や楽譜の読み方も指導してくれる

 

初心者の方の場合、サックスをいきなり吹くのではなく、まずは基本的なことから始めます。サックスの準備や片付けの仕方、構え方、基本の吹き方、楽譜の読み方など、基本的なサックスの知識を一から教えてくれます。

 

サックスに慣れたら徐々に楽器を使い、ある程度楽譜を読むことができるようになり、サックスが吹けるようになったら、実際に楽譜を見ながら楽曲を演奏する、という流れです。このため、今までサックスに一度も触れたことのない方でも、サックス教室に通えばサックスを演奏することができるようになります。

 

ライフスタイルに合わせて練習できる

 

サックスを学びたいという方には、時間の自由が中々効かない社会人の方も多く居ます。そこで、教室側もスケジュールが流動的な方向けのコースを用意したり、事前予約が取りやすいシステムを用意している所が増えています。がっつり練習したいという方向けのコースもあるので、自分のライフスタイルに合わせて練習することができます。