ジャズを演奏したい方にはテナーサックスがオススメ

サックスといえばジャズミュージックが王道です。サックスにはいくつか種類がありますが、ジャズミュージックで使用されているほとんどはテナーサックスです。

 

ジャズでのサックスをイメージすると、黒人の方がサックスを抱えているというイメージを持つ方が多いと思いますが、その際使用されている多くのサックスがテナーサックスです。サックスでジャズを演奏したいという方は、テナーサックスがオススメです。

 

テナーサックスがジャズに向いている理由

 

テナーサックスは、アルトサックスより低い音色で、高い音程を出せるアルトサックスより男性的な音が出る、という特徴を持っています。

 

このため、音色的にジャズの持つ特性に向いており、ジャスと言えばテナーサックス、というイメージがあります。

 

また、テナーサックスはアルトサックスに比べ、演奏者によって独特の個性が出てきます。歴史も浅く、クラシックに用いられるより近代的なジャズに取り入れられる機会が多かったという背景を持っています。

 

歴代の有名ジャズミュージシャンもテナーサックスを使っている

 

ジャズミュージシャンで有名なサックス演奏者の多くがテナーサックスを用いている、ということも、ジャズと言えばテナーサックスという考えの一端を担っています。

 

ジャズでのサックスと言えば黒人というイメージを作ったのも、ジョン・コルトレーンなどといった黒人演奏者が多いという背景があります。

 

サックスでジャズを演奏したいという方は、一度黒人演奏者のテナーサックスを聞いてみてはいかがでしょうか。

 

有名ジャズミュージシャンの力強いサックスの演奏は、サックスをカッコ良く吹きたいという方のイメージ作りにも役立ちます。